ハイイロアジサシ

極めて稀な迷鳥として北硫黄島と南鳥島で記録がある。資料によっては50年以上観察されていない野鳥となっている。

276

unrank.png

ハイイロウミツバメ

銚子、北海道など

117

unrank.png

ハイイロオウチュウ

例年のように対馬、与那国島など日本各地で観察記録あり。1年に数羽の記録がある年も。

415

unrank.png

ハイイロガン

数少ない冬鳥。迷鳥とも。2015から2016年にかけて初めて日高町で1羽越冬。

009

unrank.png

ハイイロチャツグミ

第7版にて追加。1例のみ2004年に舳倉島で日本初記録。

516

unrank.png

ハイイロチュウヒ

350

unrank.png

ハイイロヒレアシシギ

沖合で群を作る。アカエリヒレアシシギよりも観察機会は少ない。

269

unrank.png

ハイイロペリカン

1999年茨城県、2000年与那国島。過去数例のみ。

131

unrank.png

ハイイロミズナギドリ

太平洋の沖合でほぼ1年中見れる。4月〜6月は多め。ハシボソミズナギドリとの識別は困難。

101

unrank.png

ハイタカ

355

unrank.png

ハギマシコ

主に北日本に渡来するが少ない。

591

unrank.png

ハクガン

稀な冬鳥。

013

unrank.png

ハクセキレイ

主なセキレイの仲間3種の中でも、最も市街地でよく見られるセキレイである。郊外の広いコンビニの駐車場で歩いているのをよく見かける。雌雄似るが、メスの方が背が灰色に近い。国内で観察されている亜種は多く、亜種によって胸から首にかけての黒の範囲が異なる。本種幼鳥とセグロセキレイ幼鳥の識別は少し難しく、雨覆いの白い部分の大きさで比較したときに小さいのが本種。

574

unrank.png

ハクトウワシ

一度だけ2001年に国後島で観察された。

344

unrank.png

ハグロシロハラミズナギドリ

迷鳥。1980年初記録後、2000年ごろに数回観察される。

095

unrank.png

ハシグロアビ

迷鳥。岩手、青森をはじめ、数回の記録。最近では2012年に北海道で記録あり。

084

unrank.png

ハシグロクロハラアジサシ

旅鳥。2000年東京の記録や、その後の数回の記録あり。

318

unrank.png

ハシグロヒタキ

稀な旅鳥。北海道、本州、舳倉島、対馬、西表島、小笠原諸島などで記録あり。識別が困難なためか、近年の記録は少なめ?

546

unrank.png

ハシジロアビ

数少ない冬鳥。北海道や銚子など。

085

unrank.png

ハシビロガモ

034

unrank.png

ハシブトアジサシ

1年に何羽か程度の渡り鳥。珍鳥。

303

unrank.png

ハシブトウミガラス

冬鳥。オホーツク圏では港湾内にも入りよく見られる。

324

unrank.png

ハシブトオオヨシキリ

極めてまれな迷鳥。過去に長野県、静岡県、福岡県、北海道などでの記録あり。

497

unrank.png

ハシブトガラ

北海道の林。

440

unrank.png

ハシブトガラス

436

unrank.png

ハシブトゴイ

絶滅。

140

unrank.png

ハシボソカモメ

迷鳥。福岡で1991年まで例年のように渡来していたことがあった。その後の渡来記録はほとんど聞かない。

283

unrank.png

ハシボソガラス

435

unrank.png

ハシボソミズナギドリ

最も長距離の渡りをする鳥の一つ。日本近海で年中観察される。ハイイロミズナギドリとの識別は難しい。本種はやや嘴が少し短く細い(頭部と嘴部を比で表した場合、2種の比の差は10%程度)。観察中の識別は困難なので、写真に残してじっくりと比較することが望ましい。より額が盛り上がってる方がハシボソミズナギドリ。嘴の根元付近の盛り上がり方が異なる。観察環境や個体差を考慮するならば、以上に加え、翼下面の白さ、胸部の出方、飛行の仕方など、2種の違いを数か所確認し、総合的に識別するべきである。

102

unrank.png

ハジロカイツブリ

066

unrank.png

ハジロクロハラアジサシ

主に秋に渡来するが少ない。

317

unrank.png

ハジロコチドリ

かつては珍鳥だったが最近は増加。数少ない旅鳥。

200

unrank.png

ハジロミズナギドリ

1982年日本初記録。

090

unrank.png

ハチクイ

1904年に1度採集された記録のみ。

386

unrank.png

ハチクマ

340

unrank.png

ハマシギ

261

unrank.png

ハマヒバリ

1~2羽で渡来する冬鳥、旅鳥。

453

unrank.png

ハヤブサ

407

unrank.png

ハリオアマツバメ

191

unrank.png

ハリオシギ

217

unrank.png

ハリモモチュウシャク

迷鳥。数例の記録あり。1909年初記録。最近は2014年の記録あり。

228

unrank.png

ハワイシロハラミズナギドリ

迷鳥。1976年初記録。千葉でも記録があるそう。

093

unrank.png

ハワイセグロミズナギドリ

2006年に小笠原諸島で1羽観察された。

107

unrank.png

バライロムクドリ

日本各地で観察されている迷鳥。最近は2013年、2016年などの観察記録がある。

510

unrank.png

バン

東日本で夏鳥、西日本では留鳥。

174

unrank.png

バンケン

沖縄や対馬を中心に観察記録あり。2001年初記録。

178

unrank.png