オウチュウ

414

unrank.png

オウチュウカッコウ

182

unrank.png

オオアカゲラ

392

unrank.png

オオアジサシ

305

unrank.png

オオカラモズ

426

unrank.png

オオキアシシギ

237

unrank.png

オオクイナ

留鳥。八重山列島、沖縄、宮古島。日中は薄暗い話の中にいることが多く、観察の機会は少ない。

163

unrank.png

オオグンカンドリ

迷鳥。太平洋岸に稀に渡来する。南西所長での記録が多め。

120

unrank.png

オオコノハズク

例年観察されている場所あり。

366

unrank.png

オオシロハラミズナギドリ

とあるツアーにて出現記録が多め。

091

unrank.png

オオジシギ

ほかのジシギの仲間と比べ、面長に見える。目の位置は高め。様々な特徴から総合的に識別するべき識別困難種。

216

unrank.png

オオジュウイチ

183

unrank.png

オオジュリン

628

unrank.png

オオズグロカモメ

292

unrank.png

オオセグロカモメ

大型カモメの中で背の色が最も濃く暗い。 本種若鳥とセグロカモメの若鳥との識別は斑の濃淡によるが個体差があるため慣れが必要。

301

unrank.png

オオセッカ

局地繁殖。国内では2500羽程度と言われている絶滅危惧種。

490

unrank.png

オオソリハシシギ

225

unrank.png

オオタカ

356

unrank.png

オオチドリ

関西多め

207

unrank.png

オオトウゾクカモメ

319

unrank.png

オオノスリ

359

unrank.png

オオハクチョウ

020

unrank.png

オオハシウミガラス

326

unrank.png

オオハシシギ

221

unrank.png

オオハム

082

unrank.png

オオバン

水辺に集団でいるところをよく目にする。バン幼鳥と比べ、本種幼鳥は嘴に黒みがある。似た種は少なく識別は容易。

175

unrank.png

オオホシハジロ

040

unrank.png

オオマシコ

595

unrank.png

オオミズナギドリ

098

unrank.png

オオムシクイ

476

unrank.png

オオメダイチドリ

206

unrank.png

オオモズ

425

unrank.png

オオヨシキリ

アシ原でギョウギョウシとうるさく鳴いていることが多い。コヨシキリに似るが、コヨシキリはスズメサイズ、オオヨシキリは一回り大きく感じる。エゾセンニュウにも似るが、本種はのど元に小さなひげがある。

492

unrank.png

オオヨシゴイ

夏鳥。九州、四国では旅鳥。南西諸島では少数が冬鳥。かつては霞ヶ浦で繁殖が確認されたが、現在は確認されていない。

134

unrank.png

オオルリ

561

unrank.png

オオワシ

北海道でよくみられる

345

unrank.png

オカヨシガモ

026

unrank.png

オガサワラカラスバト

絶滅

072

unrank.png

オガサワラガビチョウ

絶滅

515

unrank.png

オガサワラヒメミズナギドリ

再発見。とあるツアーで出現記録が多め。

109

unrank.png

オガサワラマシコ

絶滅

593

unrank.png

オガワコマドリ

532

unrank.png

オグロシギ

223

unrank.png

オシドリ

024

unrank.png

オジロトウネン

253

unrank.png

オジロビタキ

560

unrank.png

オジロワシ

北海道東部で繫殖。

343

unrank.png

オナガ

名前の通り、尾羽の長さから、シルエットだけでもオナガと気づくことができる。住宅街や山地で集団でいるときが多い。似た種は少なく識別は容易。

429

unrank.png

オナガガモ

オスは縦に長い白が目立つ。メスは他種と比べて嘴が黒く、尾も少し長い。

035

unrank.png

オナガミズナギドリ

099

unrank.png

オニアジサシ

西南日本

304

unrank.png

オニカッコウ

180

unrank.png

オバシギ

コオバシギによく似るが、本種の方が嘴が少し長く、羽の縁が白くはっきりしている。

247

unrank.png

オーストンウミツバメ

冬鳥。繁殖地として、伊豆諸島、小笠原諸島、北硫黄島が確認されている。

115

unrank.png