コアオアシシギ

234

コアカゲラ

北海道の留鳥。

391

コアジサシ

307

コアホウドリ

苫小牧航路ではクロアシアホウドリについで多くみられる。

86

コイカル

西日本で多く見られる。近年増加中。イカルの群れに紛れることが多い。

601

コウテンシ

2005年北海道で日本初記録。2011年、2012年の記録もあり。

449

コウノトリ

兵庫県北部に89羽の野外個体あり。(2016年)

119

コウミスズメ

数は多いが水深50~100m以上の沖合でみられるため観察が困難。

333

コウライアイサ

定期的に少数が越冬。

61

コウライウグイス

稀な旅鳥。

413

コウライクイナ

1993年北海道渡島大島で日本初記録。

171

コオバシギ

248

コオリガモ

北海道でよくみられる。 

55

コガモ

38

コガラ

441

コキアシシギ

数少ない旅鳥。北海道、本州、沖縄の記録。越冬記録も。1999,2000,08,11,12,13,14,16の記録あり。

238

コクガン

東北北部~北海道南部の各地域で越冬。

16

コクマルガラス

九州に群れで渡来。近年増えている。

433

コグンカンドリ

太平洋側や離島にて迷鳥。

121

コケワタガモ

冬に迷ってたまに入ってくる迷鳥。

49

コゲラ

390

コサギ

留鳥または漂鳥。南半球で見られる暗色型は難易度8。

148

コサメビタキ

渡りの時期には市街地の公園にも

554

コシアカツバメ

本州中部以西に渡来する。市街地にも。局所的なので場所によっては珍鳥。

459

コシギ

ごく少ない旅鳥または冬鳥。南西諸島の記録多め。沖縄で2007年に11年ぶりの記録。

214

コシジロアジサシ

稀な迷鳥。1990年に根室、1999年に石狩、2007年に紋別、2015年に遠別町。

308

コシジロウズラシギ

日本では迷鳥。2006年8月神奈川県、2011年8月新潟県、2013年5月北海道の観察例が知られる。

255

コシジロウミツバメ

北海道東部の島で繫殖。一部岩手の島にも。

114

コシャクシギ

珍鳥レベルで数が少ない旅鳥

226

コジュリン

毎年冬に浮島沼に渡来するが、観察は容易ではない。

627

コスズガモ

迷鳥。北海道、宮城、東京、神奈川、愛媛の記録。ほぼ例年観察記録あり。

48

コチドリ

203

コチョウゲンボウ

全国的に記録あり。個体数は少ない。

403

コノドジロムシクイ

ごく稀な迷鳥として北海道(1994年10月)・山形(1998年2月)に記録あり。2007年秋に鹿児島や高知での記録。

482

コノハズク

例年観察されている場所があるという。

367

コハクチョウ

19

コバシチドリ

春と秋に稀に観察される迷鳥。稀に越冬の記録も。十数例しか記録がない。(2010)

208

コヒバリ

451

コブハクチョウ

外来種。

17

コベニヒワ

稀な冬鳥。ウェブ上で2009,13,14,15,16の記録あり。

590

コホオアカ

数少ない旅鳥または冬鳥。

615

コマドリ

鳴き声の大きさとわかりやすさ。全国的な記録。

530

コマミジロタヒバリ

舳倉島など。

577

コミズナギドリ

迷鳥。1936年千葉県、1947年宮城県ほか小笠原諸島近海、北日本の沖合で記録あり。

105

コミミズク

376

コムクドリ

508

コムシクイ

主に日本海の離島に旅鳥として通過するが少ない。メボソムシクイ、オオムシクイとの見た目の識別は究極に困難。

475

コモンクイナ

沖縄で2008年初記録。

169

コモンシギ

渡りのルートを大きく外れなければ日本には来れない。稀な迷鳥。

265

コヨシキリ

493

コルリ

534

ゴイサギ

本州以南では留鳥。北海道では夏鳥。幼鳥はホシゴイと呼ばれる。

139

ゴジュウカラ

502

ゴビズキンカモメ

極めて稀な冬鳥。1984年9-10月に岸和田市久米田池での記録があるのみ。

291

ゴマフスズメ

迷鳥。1935年11月に栃木県日光市、1985年冬に室蘭市で記録。それ以降の観察記録はない。

629