【中級種】ある程度整った環境の中で時折観察される種類。特定の地域でなければ観察が不可能な種も含む。全70種。

番号
名前
難易度
備考
写真
78
アオバト
3
照ヶ崎の海岸でよくみられる。
314
アジサシ
3
143
アマサギ
3
夏鳥。暖地にて少数が越冬。
258
ウズラシギ
3
336
ウトウ
3
552
エゾビタキ
3
313
エリグロアジサシ
3
216
オオジシギ
3
356
オオタカ
3
223
オグロシギ
3
247
オバシギ
3
430
カササギ
3
188
カッコウ
3
246
キョウジョシギ
3
166
クイナ
3
東北以北では夏鳥、それより南では冬鳥。
149
クロサギ
3
本州中部以南では留鳥。他は夏鳥。白色型は難易度4、中間型は難易度5。白色は南西諸島に多い。
625
クロジ
3
518
クロツグミ
3
391
コアカゲラ
3
北海道の留鳥。
601
コイカル
3
西日本で多く見られる。近年増加中。イカルの群れに紛れることが多い。
433
コクマルガラス
3
九州に群れで渡来。近年増えている。
554
コサメビタキ
3
渡りの時期には市街地の公園にも
459
コシアカツバメ
3
本州中部以西に渡来する。市街地にも。局所的なので場所によっては珍鳥。
530
コマドリ
3
鳴き声の大きさとわかりやすさ。全国的な記録。
508
コムクドリ
3
493
コヨシキリ
3
502
ゴジュウカラ
3
141
ササゴイ
3
本州、四国、九州では夏鳥。九州以南では越冬する個体も。
357
サシバ
3
553
サメビタキ
3
418
サンコウチョウ
3
412
サンショウクイ
3
51
シノリガモ
3
神奈川で毎年渡来する場所あり
487
シマセンニュウ
3
北海道に夏鳥、本州は旅鳥
455
ショウドウツバメ
3
本州以南の海岸で大群がみられることも
83
シロエリオオハム
3
関東の銚子、大洗など
462
シロガシラ
3
沖縄などの琉球列島
79
ズアカアオバト
3
ドバト、キジバトに次いで見やすいハト
480
センダイムシクイ
3
194
タゲリ
3
230
ダイシャクシギ
3
147
チュウサギ
3
349
チュウヒ
3
187
ツツドリ
3
四国以北。渡りの時期には住宅地にも。
354
ツミ
3
場所によっては留鳥でもある。市街地にも。
37
トモエガモ
3
例年新宿御苑にて観察可能
160
ナベヅル
3
鹿児島県出水周辺
568
ニュウナイスズメ
3
市街地にも。東北中部以北で繫殖。
101
ハイイロミズナギドリ
3
太平洋の沖合でほぼ1年中見れる。4月〜6月は多め。
355
ハイタカ
3
440
ハシブトガラ
3
北海道の林。
340
ハチクマ
3
407
ハヤブサ
3
170
ヒクイナ
3
東北以北では夏鳥、それより南では留鳥、漂鳥。
254
ヒバリシギ
3
125
ヒメウ
3
北海道にて留鳥。本州以南は冬鳥。
592
ベニマシコ
3
231
ホウロクシギ
3
鹿児島県、長崎県に多い。
614
ホオアカ
3
10
マガン
3
冬に石川県、宮城県、新潟県に渡来。
157
マナヅル
3
鹿児島県出水周辺
513
マミジロ
3
58
ミコアイサ
3
434
ミヤマガラス
3
冬鳥。ほぼ全国に渡来。
483
メグロ
3
小笠原諸島固有種で留鳥。林内で多め。
477
メボソムシクイ
3
渡りの季節には市街地の公園にも。
465
ヤブサメ
3
27
ヨシガモ
3
368
リュウキュウコノハズク
3
沖縄から奄美にかけて。数は多い。
458
リュウキュウツバメ
3
沖縄の留鳥。