アオサギ_edited.jpg

102

No

2

LEVEL

ハシボソミズナギドリ

0 cm
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

​時期

​体長

特徴

最も長距離の渡りをする鳥の一つ。日本近海で年中観察される。ハイイロミズナギドリとの識別は難しい。本種はやや嘴が少し短く細い(頭部と嘴部を比で表した場合、2種の比の差は10%程度)。観察中の識別は困難なので、写真に残してじっくりと比較することが望ましい。より額が盛り上がってる方がハシボソミズナギドリ。嘴の根元付近の盛り上がり方が異なる。観察環境や個体差を考慮するならば、以上に加え、翼下面の白さ、胸部の出方、飛行の仕方など、2種の違いを数か所確認し、総合的に識別するべきである。